労災年金と厚生年金を併給する場合の調整率が引きあげられます

新よくわかる雇用保険 (困ったとき読む本シリーズ)
by カエレバ

◆4月1日施行

労災保険法の傷病(補償)年金と厚生年金保険法の障害厚生年金の調整に用いる率(調整率)が、平成28年4月1日より、現行の0.86から0.88に引き上げられます。

 

◆保険給付と他の社会保険との調整

同一の事由について労災保険の年金給付と厚生年金保険等の年金給付が全額支給されると、同一の事由について二重の填補が行われることになり不合理であることから、このような場合は、事業主の負担割合や国の負担割合等を考慮して、労災保険の年金給付を減額調整することとなっています。

 

具体的には、労災保険法の年金に一定の率(調整率)を掛けて調整しています。

 

◆改正の内容

調整の対象となる労災保険の年金たる保険給付には、障害(補償)年金や遺族(補償)年金、休業(補償)給付、傷病(補償)年金がありますが、今回改正になったのは、

同一の事由により労災保険法の傷病(補償)年金と厚生年金保険法の障害厚生年金が支給される場合の調整率です。

 

傷病(補償)年金に

調整率0.88(これまでは0.86)を乗じて得た額とすることになります。

詳しくは、厚生労働省ホームページ

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000106466.html

 

をご覧ください。

 

 

〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-6-6 さつきビル5F

        湯澤社会保険労務士事務所

            代表・社会保険労務士 湯澤 悟

      TEL:03-3249-0777  FAX:03-3249-0787

             http://www.office-yuzawa.com

 

www.makiko-omokawa.jp Blog Feed

在中国日系企業における営業秘密流出防止支援事業
>> 続きを読む

NEXTSTAGETOKYO ~株式会社VAZの新事業「バズキャリア」イベント~
>> 続きを読む

2020年オリンピック・パラリンピックに向けた多言語対応プロジェクト活動開始
>> 続きを読む

人生の9割は20代に出会う人で決まる!?

今日できなくても明日できる子ども、今日できても明日できなくなる老人
>> 続きを読む

グレートデカップリングが進行する中、外国人材受け入れ拡大法が成立
>> 続きを読む

作家の一田和樹さんとカナダ移住
>> 続きを読む

www.food-fukushima.jp Blog Feed

2018年11月に読まれた投稿ベスト30
>> 続きを読む

猪苗代町 大原観音の松
>> 続きを読む

猪苗代町 保科正之公の墓所がある土津神社
>> 続きを読む