メンタルヘルス等に関する調査にみる「休職・職場復帰」の実態

◆労働力人口減少への対応に向けて

少子高齢化の急速な進展により、労働力人口が減少に転じる中で、病気休職や職場復帰に関する会社としての対応が重要になってきています。

 

このたび、

メンタルヘルス、私傷病などの治療と職業生活の両立に関するヒアリング調査

(独立行政法人労働政策研究・研修機構)

の結果が明らかになりました。

 

建設、運輸、情報通信、卸・小売、飲食、サービス業などを調査対象とし、企業規模も大小で比較できるようになっているなど、休職者の職場復帰の実態がわかる内容となっており、会社としての今後の対応を考えるうえで参考となるでしょう。

 

◆調査結果のポイント

・健康診断で異常所見が出た場合の措置として、ほとんどの企業が人事部門から当該社員に通知し、再検査を求めている。

 ただし、通院治療を継続しているか等のフォローアップまではしていない場合が多い。

 

・常時50人以上の労働者を使用する事業所を有する企業は、すべて産業医を選任している。

 産業医に委託されている業務としては、すべての企業で共通しているのは、安全衛生委員会開催時等に来訪するなど、月に1回程度の訪問。

 

・産業医以外の相談受付体制として、

 (1)医療従事者(看護師、カウンセラー等)の常駐・相談受付、

 (2)社内相談窓口(人事・総務、社内専用部署)、

 (3)外部相談窓口(委託)

 の3つのルートがみられた。

 

・過去3年間の休職者・退職者をみると、身体疾患では、特に、「がん、脳血管疾患、心疾患」での休職者は高齢層(50歳代以上)に多い。

 メンタルヘルス不調の休職者の年齢属性では、若年層(とくに勤続の短い層)に多いとの認識を抱く企業が一部にみられた。若年層にみられることから、ストレス耐性の弱さに原因があるとする企業もある。

 

・休職前に積立休暇(失効年休積立制度)、長期の欠勤期間がある企業など、疾病に長期療養ができる企業では、疾患が軽度であるほど、休職前に職場復帰する者がみられる。

 ただし、身体疾患に比べ、精神疾患のほうが、治療期間が長い傾向にあった。

 疾患が軽度であるほど、早期の復帰がしやすいことから、いずれの企業も、早期発見・早期治療が職場復帰で有益であることを指摘していた。

 

◆調査結果の詳細

詳しい調査結果は、下記のURLから見ることができますので、

ぜひ参考にしてみてください。

http://www.jil.go.jp/institute/siryo/2015/164.html

 

 

<事業所>

〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-6-6 さつきビル5F

        湯澤社会保険労務士事務所

            代表・社会保険労務士 湯澤 悟

      TEL:03-3249-0777  FAX:03-3249-0787

             http://www.office-yuzawa.com

 

ダイヤモンド・オンライン - 新着記事

RCTにより明らかになった マイクロクレジットの“奇跡の物語”と不都合な真実 [橘玲の世界投資見聞録] - 橘玲の世界投資見聞録 (木, 23 11月 2017)
>> 続きを読む

「地方上場株」に潜む「出遅れ成長株」で株価10倍を 狙え! 売上高が過去最高で、東証への上場も睨む、 名証セントレックス「ゴルフ・ドゥ」を要チェック! - 最新記事 (木, 23 11月 2017)
>> 続きを読む

「黒田発言」の変化に見る日銀金融政策“微調整”の可能性 - 金融市場異論百出 (木, 23 11月 2017)
>> 続きを読む

www.makiko-omokawa.jp Blog Feed

犬塚 亮(代表取締役 CEO)さん 株式会社スクルー (水, 22 11月 2017)
>> 続きを読む

堀口英剛(代表取締役 CEO)さん・平岡雄太(代表取締役 COO)さん 株式会社ドリップ創業者 (水, 06 9月 2017)
>> 続きを読む

森 泰輝さん 株式会社VAZ代表取締役社長 (木, 08 6月 2017)
>> 続きを読む

吉方位へ温泉旅行そして読書

学生のブログランキング 11月18日まで (月, 20 11月 2017)
>> 続きを読む

【大野 和基】「知の最先端」 (日, 19 11月 2017)
>> 続きを読む

【開運!吉方位旅行】北国街道の宿場・岩室温泉と弥彦神社 (土, 18 11月 2017)
>> 続きを読む

www.food-fukushima.jp Blog Feed

2017年10月にもっとも読まれた投稿ベスト20
>> 続きを読む

二本松市 大七酒造
>> 続きを読む

なりきり新選組「新選組フォトコンテスト」来年1月末日まで
>> 続きを読む