相談件数が過去最多!「若年性認知症」と就労継続支援

 

◆相談件数が過去最多に

「若年性認知症」に関する電話相談に応じるコールセンターに寄せられた件数

(2015年、認知症介護研究・研修大府センター調べ)が、過去最多の2,240件だったことがわかりました。

 

集計を開始した2010年と比べると約2倍に増加しており、厚生労働省は、患者の支援を強化するため、各都道府県に「若年性認知症支援コーディネーター」の配置を進め、就労継続支援の拡充を行っていく考えです。

 

◆「若年性認知症」とは?

65歳未満の人が発症する認知症を総称して「若年性認知症」といい、厚生労働省の推計では約4万人の患者がいるとされています。

 

上記コールセンターに寄せられた相談内容は、「物忘れ」や「今後の不安」が多く、「働きたいが仕事を辞めるよう促されている」といった就労関係も目立っています。

 

発症年齢の平均は51歳で、働き盛りの現役世代も多いため、今後、就労継続支援の拡充などが課題となっています。

 

◆「若年性認知症支援コーディネーター」とは?

「若年性認知症支援コーディネーター」は、各都道府県に配置され、患者に適した医療機関を紹介したり、障害年金や成年後見制度などの申請手続を補助したりするほか、発症後間もない場合には事業所との勤務調整を行い、職場復帰や再就職などを支援するといったサポートを行うとのことです。

 

コーディネーターは、医師や精神保健福祉士など、専門の知識を持った人で、きめ細やかな支援体制を整えるために厚生労働省が2016年度から取り組んでいます。

 

◆認知症や支援制度に関する知識を持っておくことが必要

厚生労働省の研究班の生活実態調査(2014年度)によると、就労経験がある1,400人のうち、約8割が「職を失っている」という結果が出ています。

 

また、そのうち約2割は時間短縮や配置転換、通勤などの「配慮がまったくなかった」と回答しています。

自分や周りの人が発症した際に備え、今一度、認知症に関する知識を深め、なおかつ支援制度について知っておく必要があるでしょう。

 

 

 

〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-6-6 さつきビル5F

        湯澤社会保険労務士事務所

            代表・社会保険労務士 湯澤 悟

      TEL:03-3249-0777  FAX:03-3249-0787

             http://www.office-yuzawa.com

 

www.makiko-omokawa.jp Blog Feed

石綿「一人親方」を高裁でも救済
>> 続きを読む

若者雇用促進法の指針見直しと転勤制度の見直し
>> 続きを読む

M字カーブ解消? 働く30歳代女性が増加中
>> 続きを読む

ダイヤモンド・オンライン - 新着記事

「つみたてNISA」は、バランス型投資信託を1本だけ 選べばOK! 国内と海外の2つの資産(株式+債券)に 投資するバランス型投信の選び方と注意点を解説! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説 (金, 22 6月 2018)
>> 続きを読む

VW排ガス不正事件で子会社アウディの社長を逮捕。 欧州が隠す不都合な真実はどこまで暴かれるか!? - 闇株新聞 (金, 22 6月 2018)
>> 続きを読む

「上方修正」する“クセがすごい”銘柄で株価上昇を 狙え! 第1四半期で上方修正しがちな「東映アニメ」 や「ミネベアミツミ」に先回りして儲ける方法を紹介 - 最新記事 (金, 22 6月 2018)
>> 続きを読む

社長ブログという雑文

今週は学生のブログランキングはお休みします
>> 続きを読む

学生のブログランキング 6月9日まで
>> 続きを読む

学生のブログランキング 6月2日まで
>> 続きを読む

www.food-fukushima.jp Blog Feed

2018年5月に読まれた投稿ベスト30
>> 続きを読む

鏡石町 ラーメン「瀧乃家」
>> 続きを読む

2018年4月に読まれた投稿ベスト30
>> 続きを読む