「長時間労働削減」に関する動向と是正対策の効果

 

◆長時間労働の是正に取り組む企業が増加

大手広告会社の女性新入社員が長時間労働による過労が原因で自殺したという事件を受けて、長時間労働の問題点については各方面で議論されているところです。

 

上記事件では、労働基準法違反の疑いで、法人としての同社と自殺した社員の直属の上司であった幹部社員の1人が書類送検される事態となりました。

 

このような痛ましい事件がきっかけとなることは残念なことですが、国や企業も長時間労働削減への取組を各方面で進めており、「長時間労働是正」が喫緊のテーマとなっています。

 

◆企業はどのような取組をしているか?

NPO法人ファザーリング・ジャパンが実施した長時間労働削減施策の取組に関するアンケート結果によると、取り組んでいる社数が多い長時間労働削減施策としては、

「経営層から社内に向けて長時間労働是正へのメッセージを発信している」

「各人の労働時間を集計し、役員会に報告。長時間労働部署へ是正措置求める」

「新任管理職に対し労働時間管理を含む研修を行っている」

「有給休暇取得の進捗等を管理する仕組み」

「ノー残業デーの実施」「定刻に帰宅を促す一斉アナウンス」

などが上位に挙がっています。

 

各社様々な取組を実行しているようです。

 

◆ある程度強制力のある施策ほど効果が出やすい

一方、上記の調査結果から得られた

「効果が3割以上の長時間労働削減施策」としては、

「PC強制シャットダウン」

「ノー残業デーの実施」

「強制消灯(その後、点灯不可)」

「PCログ管理(タイムカードとPC ログオフ時間かい離の把握)」

「管理職による見回りと残業者への声掛け」

「一斉消灯(その後、点灯可能)」

などが挙げられています

 

ある程度強制力のある施策ほど効果がすぐに出やすいことがわかります。

 

◆管理職の教育や業務の見直しも重要

また、エン・ジャパン株式会社が実施した「時間外労働(残業)」についてのアンケート調査によれば、効果的な施策として

「管理職への教育(時間管理)」(実施:47%、効果的:32%)、

「業務分担やフローの見直し」」(同:47%、27%)

などが上位に挙がったそうです。

 

見かけ上の「残業時間」を減らすことに躍起になって、労働時間の過少申告や持ち帰り残業などの事態を招いては本末転倒となってしまいます。

各企業の状況に合わせて実態に即した施策を考えることが必要でしょう。

 

〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-6-6 さつきビル5F

        湯澤社会保険労務士事務所

            代表・社会保険労務士 湯澤 悟

      TEL:03-3249-0777  FAX:03-3249-0787

             http://www.office-yuzawa.com

 

www.makiko-omokawa.jp Blog Feed

「客からの迷惑行為」対応で会社にできることは? (火, 10 7月 2018)
>> 続きを読む

ハローワークを通じた障害者の就職件数が増加 (Tue, 10 Jul 2018)
>> 続きを読む

新たな在留資格で外国人の長期就労が可能に (Tue, 10 Jul 2018)
>> 続きを読む

人生の9割は20代に出会う人で決まる!?

30代には始めたい!体型維持のためのスポーツとは? (Fri, 16 Nov 2018)
>> 続きを読む

年長者からイチモク置かれるコミュニケーションスキルとは? (Mon, 12 Nov 2018)
>> 続きを読む

国民の権利?それとも労働者の権利?外国人労働者受け入れと健康保険 (Thu, 08 Nov 2018)
>> 続きを読む

www.food-fukushima.jp Blog Feed

猪苗代町 大原観音の松 (木, 08 11月 2018)
>> 続きを読む

猪苗代町 保科正之公の墓所がある土津神社 (Wed, 07 Nov 2018)
>> 続きを読む

猪苗代町 中ノ沢温泉 (Sat, 03 Nov 2018)
>> 続きを読む