男女間、正規・非正規間の賃金格差が過去最小に!

 

◆女性の平均賃金が過去最高に

厚生労働省が発表した平成28年の「賃金構造基本統計調査」によると、フルタイムで働く女性の平均賃金は月額24万4,600円(前年比1.1%増)となり、過去最高を記録したそうです。

 

一方、全体の平均賃金は30万4,000円、男性の平均賃金は33万5,200円で共に前年と横ばいでした。

 

また、男性の賃金を100%とした場合に女性は73%となり、男女間賃金格差は過去最小を更新しています。

これは20年前(平成9年)よりも約10%縮まったことになります。

 

同省は、賃金格差の縮小は「管理職に占める女性の割合が過去最高の9.3%だったことにより、平均賃金を押し上げた」と分析しています。

昨年から女性活躍推進法が施行され、今後、企業は女性の採用や管理職への登用を積極的に進め、その格差はさらに縮まっていくことが予想されます。

 

◆雇用形態間賃金格差も過去最小

雇用形態別に平均賃金を見ると、正社員は32万1,700円(前年比0.2%増)、非正規社員は21万1,800円(同3.3%増)でした。

 

正社員を100%とした場合に非正規社員は65.8%となり、平成17年の調査開始以来賃金の格差は最小となりましたが、これは人手不足などを背景とする女性の非正規社員の給与アップや最低賃金の上昇などにより格差が縮まったのが要因とされています。

 

また、短時間労働者の1時間当たり賃金は、男女計1,075円(前年比1.5%増)、男性1,134円(同0.1%増)、女性1,054円(同2.1%増)となっており、いずれも過去最高となっています。

 

◆「同一労働同一賃金」で賃金はどう変わるか?

賃金の男女間の格差、正規・非正規間の格差は年々小さくなっています。

その中でも男性の賃金の伸び止まりや女性の活躍推進が大きな問題となりそうです。

 

また、現在、政府で議論されている「同一労働同一賃金」の実現に向けた非正規社員の処遇改善についての動向にも注目しておく必要があります。

 

〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-6-6 さつきビル5F

        湯澤社会保険労務士事務所

            代表・社会保険労務士 湯澤 悟

      TEL:03-3249-0777  FAX:03-3249-0787

             http://www.office-yuzawa.com

 

www.makiko-omokawa.jp Blog Feed

建設現場の「週休2日制」を実現へ ~建設業の働き方改革 (火, 10 10月 2017)
>> 続きを読む

「HRテック」って何?~人事分野におけるIT技術の活用に注目 (火, 10 10月 2017)
>> 続きを読む

従業員が「iDeCo」に加入する際に事業主が行わなければならない事務手続とは? (火, 10 10月 2017)
>> 続きを読む

ダイヤモンド・オンライン - 新着記事

働き方改革は「健康経営」とセットでなければ意味がない - なぜ、「戦略総務」か? (木, 19 10月 2017)
>> 続きを読む

『ジャパン・アズ・ナンバーワン』米国での反応をヴォーゲル教授に聞く - ハーバードの知性に学ぶ「日本論」 佐藤智恵 (木, 19 10月 2017)
>> 続きを読む

処方薬の市販化は時期が来れば急加速、メーカー側の期待 - 『週刊ダイヤモンド』特別レポート (木, 19 10月 2017)
>> 続きを読む

吉方位へ温泉旅行あいまに読書

2017年9月に読まれた投稿トップ30 (水, 04 10月 2017)
>> 続きを読む

日本経営合理化協会設立50周年記念祝賀会に行ってきました! (土, 30 9月 2017)
>> 続きを読む

【+d Kaki プラスディー カキ】窓にペタッと貼る花瓶?宙に浮いた花に癒される♪ (木, 28 9月 2017)
>> 続きを読む

www.food-fukushima.jp Blog Feed

白河市 国指定史跡・名勝 南湖公園 (土, 07 10月 2017)
>> 続きを読む

酪王カフェオレをお土産にするなら?おススメ順に紹介します (土, 07 10月 2017)
>> 続きを読む

柏屋 酪王カフェオレシュー (土, 07 10月 2017)
>> 続きを読む