その不調、「夏うつ」かも!?夏場を乗り切るために注意すべきこと

夏に発生するうつ病、「夏うつ」

「冬うつ」という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

これは、日照不足により、体内で生成されるセロトニンの量が減ることで起こると言われる季節性のうつ病で、秋から冬にかけて

うつ症状が出現するものです。

 

確かに、どんよりと暗い日が多く日照時間も短い冬には、気分も暗くなりがち…なんとなく納得できますよね。

しかし近年、季節性のうつ病には、夏場に発生する「夏うつ」も

存在すると言われるようになってきました。

 

「夏バテ」と誤解されることも

夏うつは、5月から9月に発症することが多く、涼しくなるにつれて症状は改善されていきます。

主な症状は、食欲低下や不眠などの不調です。

 

夏バテと症状が似ているため本人も周囲も気づきにくいのですが、夏バテとは異なり、気分の落込みや不安感などの精神的不調を伴うことが特徴です。

 

明確なストレスや理由がないにもかかわらず、気分が優れない状態が長引くのであれば、夏うつが疑われます。

 

事業所でできる「夏うつ対策」

夏うつの原因には、日光の浴び過ぎ、室温の設定、栄養の偏り、

就寝前のパソコン等の作業などがあります。

これらを踏まえ、事業所でできる対策をいくつか挙げてみます。

 

・日中の外出をなるべく避ける:

日光によって疲労感が増す可能性があります。

陽射しの強い時間帯の外出は、できるだけ避けたほうがよいでしょう。

 

・冷房も適宜利用する:

女性の冷えやすさや節電などを理由に、冷房を利用しない事業所もありますが、夏うつは気温や湿度などの外的要因が体に与える影響から発症するものですので、無理に暑さを我慢することは禁物です。

 

・早めに専門病院の受診につなげる:

本人は「夏バテが長引いている」くらいの認識かもしれません。

少しでも調子がおかしいと思ったら、早めに専門病院を受診するよう勧めることが大切です。

適切な処置を受けることは安心感につながり、早期回復にも結びつきます。

 

〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-6-6 さつきビル5F

        湯澤社会保険労務士事務所

            代表・社会保険労務士 湯澤 悟

      TEL:03-3249-0777  FAX:03-3249-0787

             http://www.office-yuzawa.com

 

www.makiko-omokawa.jp Blog Feed

外資企業登記制度の規制緩和について (火, 14 11月 2017)
>> 続きを読む

人材確保策として有効? 今どきの「社員寮・社宅」事情 (水, 08 11月 2017)
>> 続きを読む

押さえておきたい 企業向けの「障害者雇用」支援策 (水, 08 11月 2017)
>> 続きを読む

ダイヤモンド・オンライン - 新着記事

「JAL TODOFUKEN SEAL」は、JAL国内線でCAに もらえる、全国各地の名所が描かれた限定シール! 47都道府県コンプリートでもらえる特典を目指そう! - クレジットカードおすすめ最新ニュース (日, 19 11月 2017)
>> 続きを読む

「護憲で思考停止」がリベラル左派衰退の理由、元連合赤軍が語る - 『週刊ダイヤモンド』特別レポート (日, 19 11月 2017)
>> 続きを読む

「ネトウヨは男のすることじゃない!」右翼民族派の主張 - 『週刊ダイヤモンド』特別レポート (日, 19 11月 2017)
>> 続きを読む

吉方位へ温泉旅行あいまに読書

【開運!吉方位旅行】北国街道の宿場・岩室温泉と弥彦神社 (土, 18 11月 2017)
>> 続きを読む

立冬から働き方改革!早起き、早朝から仕事に変えたら? (火, 14 11月 2017)
>> 続きを読む

大学生のブログランキング 11月14日まで (月, 13 11月 2017)
>> 続きを読む

www.food-fukushima.jp Blog Feed

2017年10月にもっとも読まれた投稿ベスト20 (金, 03 11月 2017)
>> 続きを読む

二本松市 大七酒造 (火, 31 10月 2017)
>> 続きを読む

なりきり新選組「新選組フォトコンテスト」来年1月末日まで (火, 31 10月 2017)
>> 続きを読む