企業が実施するメンタル不調対策が的を射ていない!?

ストレスマネジメントに関する調査

一般社団法人日本経営協会が実施した「組織のストレスマネジメント実態調査」の結果から、メンタルヘルス不調の要因と企業が行う対策がうまくかみ合っていない状況があることがわかりました。

 

この調査は、ストレスチェック制度開始後、最初の実施期限直後である2016年12月から2017年1月にかけて行われました。

 

企業におけるストレスチェック制度の進捗状況やストレスマネジメント全般の状況、今後の課題等について、

「勤務先事業所の現状」

「メンタルヘルスに関する取組状況」

「ストレスチェック制度の実施状況」

「職場環境の改善」

についてまとめられています。

 

要因と対策にズレがある

この調査の中で、「職場環境の改善」について、メンタルヘルス不調者を出さないために企業が行った対策は、

1位:「超過勤務(残業)時間の削減」(69.4%)

2位:「従業員のハラスメントに対する知識と意識の向上」(44.2%)

3位:「ハラスメント防止・対策の強化」(35.5%)

という結果となっています。

 

一方、メンタルヘルス不調者が発生する主要因としては、

1位:「職場の人間関係」(64.3%)

2位:「本人の性格」(43.7%)

3位:「上司との相性」(40.0%)

となっており、対策のほうで1位となっている「長時間労働」は、要因としては6位となっています。

 

つまり、要因と対策がかみ合っていないことがうかがえます。

 

スキル不足と人員不足

また、ストレスマネジメントを実施するうえでの問題として、専門知識やスキルを持つ人材がおらず、マネジメントとの中心となる上司自身も多忙で手が回らないことがあるようです。

 

こうした状況で、部下のマネジメント対策を行う上司がメンタル不調に陥ってしまっては意味がありません。

また、対策がうまくいかなければ、メンタル不調にならずとも他社へ転職してしまう等の人材流出や、他の従業員のストレス増加、士気の低下などにもつながりかねません。

 

経営戦略としてのメンタルヘルスマネジメント

メンタルヘルス不調の主要因が、職場のコミュニケーションや人員構成にあるとすれば、その対策には労働時間等に関する個別の労務管理はもとより、

「ストレスなく健康に働くことを尊重する雰囲気・マインドを醸成する」

という、企業の経営戦略ともリンクした人事マネジメントの視点での全社的な取組みが重要となるでしょう。

 

〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-6-6 さつきビル5F

        湯澤社会保険労務士事務所

            代表・社会保険労務士 湯澤 悟

      TEL:03-3249-0777  FAX:03-3249-0787

             http://www.office-yuzawa.com

 

www.makiko-omokawa.jp Blog Feed

外資企業登記制度の規制緩和について (火, 14 11月 2017)
>> 続きを読む

人材確保策として有効? 今どきの「社員寮・社宅」事情 (水, 08 11月 2017)
>> 続きを読む

押さえておきたい 企業向けの「障害者雇用」支援策 (水, 08 11月 2017)
>> 続きを読む

ダイヤモンド・オンライン - 新着記事

不動産を高値で売却したいなら、 「囲い込み」「両手取引」に気をつけよう! - 不動産を高値で売却する方法 (金, 17 11月 2017)
>> 続きを読む

ビットコインに10万円投資したら思いがけず儲かって しまった方法を公開!「不合理」な仮想通貨でリスク を抑えて利益を狙う「格安セレブ流」の投資術とは? - コンサル流「格安セレブ術」 (金, 17 11月 2017)
>> 続きを読む

住宅ローンの変動金利が上がる時期を 銀行の“懐具合”から大胆予測! - 住宅ローンの選び方 (金, 17 11月 2017)
>> 続きを読む

吉方位へ温泉旅行あいまに読書

立冬から働き方改革!早起き、早朝から仕事に変えたら? (火, 14 11月 2017)
>> 続きを読む

大学生のブログランキング 11月14日まで (月, 13 11月 2017)
>> 続きを読む

今、注目の画家・田中拓馬さんと美蔵画廊 (月, 13 11月 2017)
>> 続きを読む

www.food-fukushima.jp Blog Feed

2017年10月にもっとも読まれた投稿ベスト20 (金, 03 11月 2017)
>> 続きを読む

二本松市 大七酒造 (火, 31 10月 2017)
>> 続きを読む

なりきり新選組「新選組フォトコンテスト」来年1月末日まで (火, 31 10月 2017)
>> 続きを読む