夏場に発生しやすい健康被害と「夏かぜ」について

今年の夏も厳しい暑さに

7月に入り全国的にも気温が上昇しています。

エアコンや扇風機を使用しないと過ごしづらくなってきた職場も多いことでしょう。

 

気象庁は、今年の夏は全国的に温度の高い空気に覆われやすく、気温は平年より高いと見込んでおり、「厳しい暑さになる」と予想しています。

 

毎年のように「今年の夏は猛暑」というニュースを聞いているようにも思いますが、夏本番を前に、この時期特有の健康被害にもぜひ注意したいものです。

 

夏は様々な健康被害が発生する季節

熱中症、食中毒、クーラー病など、夏になると暑さによる健康被害がニュースでもしばしば取り上げられます。

職場でもエアコン等の使用が適切でないと、熱中症やクーラー病など、体調を崩す要因にもなり得ます。

 

意外に多い「夏かぜ」

この季節、職場でも咳がとまらないなど「かぜ」をこじらせている人はいないでしょうか。

寒い季節にかかる人が多い印象のかぜですが、“夏かぜ”にかかる人も結構多いようです。

 

大鵬薬品工業株式会社が実施した「ビジネスシーンと夏のかぜ」に関する意識・実態調査(20~40代の有職男女1,390名が調査対象)によると、73%の人が「夏のかぜをひいた経験がある」と回答したそうです。

 

同調査では、「夏のかぜ」をひいた時のポピュラーな症状として、「のどの痛み」が挙げられるとしています。

調査でも約94%の人が夏場に「のどの痛み」を感じた経験があると答えています(「夏のかぜ」をひいた経験があると答えた20~40代の有職男女500名が調査対象)。

 

夏のかぜは、冬のように乾燥ではなく高温多湿を好むウイルスが原因となることが多いため、まず喉が腫れ、発熱が強く起こり、鼻や喉から気管支へ進行するのが特徴だそうです。

 

夏場の体調不良を防ぐ対策を

またまだこれから夏本番というところですが、状況に合わせて快適な職場環境を保ち、個人個人で体調管理にも気を付けながら、暑い夏を乗り切っていきたいものです。

 

〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-6-6 さつきビル5F

        湯澤社会保険労務士事務所

            代表・社会保険労務士 湯澤 悟

      TEL:03-3249-0777  FAX:03-3249-0787

             http://www.office-yuzawa.com

 

www.makiko-omokawa.jp Blog Feed

どう変わる? 平成30年度以降の「キャリアアップ助成金」 (土, 31 3月 2018)
>> 続きを読む

2018年度から「労働移動支援助成金」を縮小へ (Wed, 14 Feb 2018)
>> 続きを読む

「ものづくり補助金」の申請前に経営革新計画の承認取得を (Fri, 02 Feb 2018)
>> 続きを読む

人生の9割は20代に出会う人で決まる!?

悪天候と出社・労働に関する法律を定めるべき (Sat, 12 Oct 2019)
>> 続きを読む

映画『永遠に僕のもの』 (Wed, 18 Sep 2019)
>> 続きを読む

QUEEN-HEAVEN- at コニカミノルタプラネタリア (Tue, 03 Sep 2019)
>> 続きを読む

www.food-fukushima.jp Blog Feed

本宮市 大天狗酒造 (金, 11 10月 2019)
>> 続きを読む

本宮市 花と歴史の郷 蛇の鼻 (Fri, 11 Oct 2019)
>> 続きを読む

大玉村 大玉温泉 金泉閣 (Fri, 11 Oct 2019)
>> 続きを読む