企業における「働き方改革」の現状と時短ハラスメント



働き方改革スタートから1年半

2016年8月の第3次安倍第2次改造内閣の発足と同時に「働き方改革」がスタートしてから、およそ1年半が経過しました。

政府においては、2017年9月に労働政策審議会にて「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案要綱」

(働き方改革推進法案)が示されるなど、法整備に向けた動きが見られます。

では、民間企業においては、「働き方改革」は進んでいるのでしょうか?

 

8割のビジネスパーソンが「働き方改革」実感せず

今月、一般社団法人日本能率協会は、ビジネスパーソンを対象にした意識調査「ビジネスパーソン1000人調査」【働き方改革編】を公表しました。

 

同調査によれば、「職場での『働き方改革』を実感していますか?」という質問に対し、80.7%の人が「実感していない」と回答しています。

一方、職場での「働き方改革」を実感している人がその理由として最も多く挙げた回答(複数回答)は、「残業が減った」(38.0%)でした。

 

一方的な残業禁止は「ジタハラ」

とはいえ、単純に残業を禁止すればよいとも限りません。

手帳市場でシェア1位の高橋書店が11月に公表した「働き方改革」に関するアンケート調査では、「自分が勤めている会社で働き方改革(長時間労働の改善)が行われている」というビジネスパーソンのうち41.5%が、働き方改革で困っていることとして、「働ける時間が短くなったのに、業務量が以前のままのため、仕事が終わらない」ことを挙げました。

 

同調査は、この結果を「『働き方改革』に取り組む企業の

ビジネスパーソンの4割がジタハラ(時短ハラスメント)被害につながる悩みを抱えている」と表現しています。

現場に即していない、一方的な残業禁止は「ハラスメント」とみなされる時代なのです。

 

トラブルのない残業削減を

ジタハラは往々にして「隠れ残業」(持ち帰り残業など)の

温床となります。

隠れ残業は、企業にとっては残業代抑制につながりますが、

従業員にとっては手取り収入の減少に直結するため、労働意欲を低下させ、様々な不正やトラブルの遠因ともなりかねませんので、要注意です。

 

ジタハラに留意しつつ、現場が実現可能な残業削減を指示することで、自社の「働き方改革」を進めていきましょう。

 

〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-6-6 さつきビル5F

        湯澤社会保険労務士事務所

        代表・社会保険労務士 湯澤 悟

      TEL:03-3249-0777  FAX:03-3249-0787

 

             http://www.office-yuzawa.com

 

www.makiko-omokawa.jp Blog Feed

「客からの迷惑行為」対応で会社にできることは? (火, 10 7月 2018)
>> 続きを読む

ハローワークを通じた障害者の就職件数が増加 (Tue, 10 Jul 2018)
>> 続きを読む

新たな在留資格で外国人の長期就労が可能に (Tue, 10 Jul 2018)
>> 続きを読む

お探しの情報はありましたか。

キーワードでサイト内検索を行うと見つけやすくなります。

www.reifuworks.com Blog Feed

Freddie Mercury(フレディ・マーキュリー)とQueen(クイーン)の成功の軌跡を九星気学でみてみると (土, 15 12月 2018)
>> 続きを読む

今年の漢字は「災」60干支でみても平成は災害と事件の多い時代だった? (Thu, 13 Dec 2018)
>> 続きを読む

女子体操パワハラ問題は塚原夫妻有利な結果に (Tue, 11 Dec 2018)
>> 続きを読む

人生の9割は20代に出会う人で決まる!?

執着やこだわりを捨てると生きやすい (Sun, 16 Dec 2018)
>> 続きを読む

今日できなくても明日できる子ども、今日できても明日できなくなる老人 (Wed, 12 Dec 2018)
>> 続きを読む

グレートデカップリングが進行する中、外国人材受け入れ拡大法が成立 (Sat, 08 Dec 2018)
>> 続きを読む

www.food-fukushima.jp Blog Feed

2018年11月に読まれた投稿ベスト30 (Thu, 06 Dec 2018)
>> 続きを読む

猪苗代町 大原観音の松 (Thu, 08 Nov 2018)
>> 続きを読む

猪苗代町 保科正之公の墓所がある土津神社 (Wed, 07 Nov 2018)
>> 続きを読む