国際比較にみる 日本の労働生産性水準

12月20日に出た調査結果

「労働生産性の国際比較2017年版」(公益財団法人 日本生産性本部)が昨年12月20日に出されました。

 

政府が生産性向上に向けた各種の施策を展開している中で、日本の労働生産性が国際的にみてどのあたりに位置しているのかを、調査結果で明らかにしています。

 

そもそも「労働生産性」とは?

労働生産性とは、「労働者1人当たりで生み出す成果、あるいは労働者が1時間で生み出す成果を指標化したもの」です。

 

労働生産性は、「付加価値額または生産量÷労働投入量(労働者数または労働者数×労働時間)」で表され、労働者の能力向上や経営効率の改善などによって、労働生産性は向上します。

 

日本の時間当たり労働生産性は20位

2016年の日本の時間当たり労働生産性は46ドル(4,694円/購買力平価換算)。

順位はOECD(経済協力開発機構)加盟35カ国中、昨年と同様の20位となりました。

 

上位は、1位アイルランド(95.8ドル)、2位ルクセンブルク(95.4ドル)、3位ノルウェー(78.7ドル)と続いています。OECDの平均は51.9ドルです。

 

日本の労働生産性は、6位の米国(69.6ドル)の3分の2程度の水準で、主要先進7カ国(フランス、米国、ドイツ、イタリア、カナダ、英国、日本)でみると、最下位の状況が続いています。

 

日本の1人当たり労働生産性は21位

2016年の日本の就業者1人当たりでみた日本の労働生産性は、

81,777ドル(834万円/購買力平価換算)。

順位は、OECD加盟35カ国中21位となりました。

 

上位は、1位アイルランド(168,724ドル)、2位ルクセンブルク(144,273ドル)、3位米国(122,986ドル)となっています。

OECDの平均は92,753ドルです。

 

日本の労働生産性は、就業1時間当たりと同様、就業者1人当たりでみても、主要先進7カ国で最も低い水準となっています。

 

日本の製造業の労働生産性は?

日本の製造業の労働生産性(就業者1人当たり)は95,063ドル(1,066万円/為替レート換算)。

 

日本の順位は14位で、米国(139,686ドル)の7割程度の水準となっています。

 

 

〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-6-6 さつきビル5F

        湯澤社会保険労務士事務所

        代表・社会保険労務士 湯澤 悟

      TEL:03-3249-0777  FAX:03-3249-0787

 

             http://www.office-yuzawa.com

 

www.makiko-omokawa.jp Blog Feed

「客からの迷惑行為」対応で会社にできることは? (火, 10 7月 2018)
>> 続きを読む

ハローワークを通じた障害者の就職件数が増加 (火, 10 7月 2018)
>> 続きを読む

新たな在留資格で外国人の長期就労が可能に (火, 10 7月 2018)
>> 続きを読む

お探しの情報はありましたか。

キーワードでサイト内検索を行うと見つけやすくなります。

www.reifuworks.com Blog Feed

江戸幕府公認の三嶋暦とは?旧暦の成立ちと読み方とは? (日, 12 8月 2018)
>> 続きを読む

「すぐ怒る人」はナルシスト?「怒りやすさ」と「頭の良さ」の関連について調査した最新の研究 (土, 11 8月 2018)
>> 続きを読む

大河ドラマ「西郷どん」の人間関係を九星気学と宿曜占星術でみてみると (日, 05 8月 2018)
>> 続きを読む

社長ブログという雑文

逃亡者続出!つらいと逃げ出す平成9年生まれ? (火, 24 7月 2018)
>> 続きを読む

学生のブログランキング 7月21日まで (月, 23 7月 2018)
>> 続きを読む

学生のブログランキング 7月14日まで (土, 21 7月 2018)
>> 続きを読む

www.food-fukushima.jp Blog Feed

須賀川市 四川名菜「天心 ~麺の刻~」 (木, 09 8月 2018)
>> 続きを読む

2018年7月に読まれた投稿ベスト30 (土, 04 8月 2018)
>> 続きを読む

戊辰150年 JR会津若松駅で買える日本酒「斎藤一」 (金, 20 7月 2018)
>> 続きを読む